操作って難しくない?!実は簡単にできる作成方法

自宅で簡単にできるフォトブック

フォトブックは自宅で簡単に作ることができます。写真屋のサイトから直接作成したり、ソフトをダウンロードしたりします。まずは、フォトブックの形式を選びます。主には、大きさとページです。それが決まりましたら、画面の大きさが決まりますので写真をレイアウトしていくだけです。写真の大きさを調整しながらおき、場合によっては明るさやコントラストを簡単に調整することが可能です。しかも、文字を添えることができる仕様があります。また、絵文字のような飾り付けもできるタイプがあります。説明分などに最適でカラーや大きさや字体も自由です。万が一わからないときはガイド機能があったり、店舗でも同様の作成環境が整っていますので安心です。

いろいろな種類のアルバムがある

フォトアルバムにはいろいろな種類のラインアップがあります。リーズナブルなものは薄い表紙で簡単な冊子タイプです。ページがめくりやすく親戚などに配布するのに最適です。高級な仕様であれば、大判でハードカバーで各ページの紙質も厚いタイプです。専用のケースがついていたり、紙の光沢の質が良く写真が輝いて見えます。ほかにも水にぬれても大丈夫なビニールタイプなどいろいろな素材を使った仕様があります。珍しいアイテムとして、ミニアルバムでキーホルダーにしたり、手のひらサイズのアルバムもあります。目的と価格に応じて選ぶ環境が整っています。各写真屋のホームページで価格が明確になっており写真付きで解説していますのでわかりやすいです。